AIファイルでデザイン作成Adobe Illustlator CCまで対応

step.1テンプレートをダウンロード

テンプレートはIllustlator8.0から展開が可能です。
作成する缶バッジのサイズを使用しましょう。

テンプレートをダウンロード
step.2デザインを配置

注意事項を確認して作成したデザインに不具合が起こらないかチェックしましょう。

注意事項を確認する
step.3並べて個数を記入

1つのAIファイルにまとめてOK。デザイン数が多く、ファイル容量が大きくなる場合は任意で分けましょう。

1デザインにつき10個から指定可能

step.4アップロードしよう
アップロードするファイル
  • 作成したAIファイル

データの破損を防ぐ為、ファイルはフォルダにまとめてzip圧縮しましょう。

ご注文フォームまたは、あとから入稿よりアップロードします。

AIファイルの注意事項

注意事項を守らないと絶対に不具合が起きるわけではありませんが、ユーカンバッジでは非推奨となります。

カラーモードはCMYKまたはRGB

カラーモードはCMYK、またはRGB

文字のアウトライン化

文字はアウトライン化しましょう。

透過画像は避けましょう

透過画像は配置しないでください。

オーバープリントは指定しない

オーバープリントは指定しないでください。

パターンは分割しましょう

パターンは分割しましょう。

配置画像の解像度は350ppi以上

配置画像の解像度は350ppi以上にしてください。

対応ファイルとアプリケーションパソコン・スマホ・タブレットで作成できます。

様々なアプリで作成された画像に対応しています。規格外のファイルや印刷物支給もご相談ください。

缶バッジのデザインも他の印刷物と基本は同じです。

立体物なのでイメージを掴むのが大事ですが、側面部分に細かいデザインを設定しなければ、紙の印刷と基本は同じです。
イメージを掴むのに無料サンプルや完成見本の活用も有効です。